漢方アレルギー科 - 阪急西宮北口駅2分 李漢方内科・外科クリニック

李漢方内科・外科クリニック 漢方アレルギー科

ホーム > 漢方アレルギー科

漢方アレルギー科

中国医学では体質を重視し、アレルギー物質があっても発症しないように体質を改善、特に五臓の機能改善を治療の目的としています。
中医学には、「肺と大腸は表裏関係にある」、「肺は鼻に開竅する」、「風を治療するにあたっては先ず血を治療する、血行が改善すれば風は自然に消滅する」など中医学理論があります。これらを、現代的に解釈すれば「大腸の病気と肺は関係し、さらに鼻アレルギーとも関係する」「皮膚粘膜の抵抗力は肺の衛気(抵抗力)と関係する」「血行がよくなればかぜ(アレルギー)は自然に消滅する」ということになります。そのような中医学の理論に沿って、さらに正しい弁証によってよい治療効果が得られるわけです。
当院は西洋医学を否定するわけではありません。重症の方はステロイドによるコントロールは大事です。病状が安定すれば、漢方薬と併用するより一層よい効果が期待できますし、また徐々にステロイドを減量させ、離脱するケースもあります。

当院が力を入れるアレルギー疾患

  • アトピー性皮膚炎
  • 湿疹
  • 手湿疹
  • 結節性紅斑
  • じんましん
  • 放射線性皮膚炎
  • 乾癬
  • 天疱そう
  • 円形性脱毛症
  • 花粉症
  • アレルギー性鼻炎
  • 副鼻腔炎
  • 小児喘息
  • 咳喘息
  • 気管支喘息
  • 難治性口内炎 
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • その他のアレルギー疾患

中医アレルギー科の研修歴

皮膚科関連のアレルギー病気は中日友好病院中医皮膚科の白彦平教授より、呼吸器関連のアレルギー性病気は中医呼吸器科の張紓難教授よりご指導いただきました。

ページトップに戻る