漢方がん治療 - 阪急西宮北口駅2分 李漢方内科・外科クリニック

李漢方内科・外科クリニック 漢方がん治療

ホーム > 漢方がん治療

中医(漢方)がん治療

がんは現代病?

「癌」という文字は中国の古文字「岩」などが由来だと考えられます。形状はでこぼこで、固くて移動しない事からです。また、中国の一番古い医書「黄帝内経」の中に、筋癌、腸癌、骨癌などに分類されています。
3000年前から、中国の医者たちががんのことを意識し、中医の治療もおこなったと考えられます。

中医(漢方)治療の効果はがんの随伴症状の改善のみではない

早期がん、中期がんにおいては、多くの患者さんは西洋医学を選んで治療を受けますが、それに併せてさらに中医治療を受ければ、症状の軽減のみならず、腫瘍の進行の抑制、腫瘍マーカーの軽減も認められています。

生存率と生活の質を上げる

中国中医科学院の研究で胃がんⅢ期術後に漢方+抗がん剤の投与より、抗がん剤のみの治療と比べ、生存率や生活の質の向上が認められました。
上海中医薬大学の研究でも原発性肺癌300例に対し、漢方の併用で生存率なども抗がん剤のみと比べ、明らかに優れていると証明されました。

漢方治療の併用より膵癌がん肝転移の患者の生存率が明らかに改善されたとの論文を
世界医学雑誌Pancreasに掲載
(刘鲁明(Luming Liu)教授グループとアメリカ M.D.Anderson腫瘍センター共同発表)

上の線は西洋治療+漢方QYHJ併用の生存率
下の線は抗がん剤・TAEなど西洋治療のみ
漢方の併用より明らかに生存率の改善が確認された。
(QYHJ:刘鲁明教授のグループが長年の臨床と研究を重ね、膵臓・肝臓がんに有効を示した漢方薬の清膵化積湯のこと)

抗がん剤・放射線治療の副作用の軽減

中国中医科学院広安門病院で326例Ⅲ期~Ⅳ期の胃がんに抗がん剤治療をうけた患者に漢方薬併用したところ、骨髄抑制や、うつ、食欲、全身状態の改善が認められました。白血球低下に有効率94%、予防有効率88.9%の結果でした。

さまざまな原因で抗がん治療の適応・効果がない方も、絶望する事はありません。中医のみの治療で、腫瘍が消失したり、脳腫瘍が縮小したりすることがあります。私が中日友好病院で研修期間中、多くの症例が中医治療のみで改善された事を画像診断などで確認されました。

当院癌治療の特徴

食事療法+漢方薬+鍼灸治療

食事療法はがん治療の一環として、とても重要であり、各段階の方に丁寧に説明します。

1.早期がん手術後の方:

免疫力アップと腫瘍の再発を予防するため、漢方・鍼灸治療を行う。

2.化学療法中の方:

化学療法の副作用(吐き気、気力低下、骨髄抑制など)により、多くの患者さんは継続困難か、継続を止めざるをえない場合が多く、漢方と鍼灸の治療によって、上手く乗り切ると期待できる。

3.手術・化学療法など適応のない方:

あきらめる必要はありません。食事療法+漢方薬+鍼灸治療でよくない体内環境を変え、さらに免疫細胞を元気にさせ、癌細胞と戦い、腫瘍が消失したり、脳腫瘍が縮小したりすることがあります。私が研修期間中、多くの症例が中医治療で改善された事を画像診断などで確認されました。

当院の中医によるがん治療と他の漢方がん治療の違い

他の漢方によるがん治療は、どんな時期のがんでも補剤中心の治療を行うことがほとんどです。当院はがんの時期、体調を考慮して、適切な中医弁証より補剤とがん細胞に強い生薬のバランスを考えて、その人に一番合う生薬の組合せを提供します。

十全大補湯、補中益気湯のような補剤中心の治療は、がんの予防と西洋抗癌剤の副作用の軽減には有効ですが、がんに直接の治療効果が薄いと思います。中日友好病院、上海中医薬大学附属病院などで有効症例を分析し、さらに中国国家図書館で近代の名中医によるがん治療の結果も調べて得た結論です。補剤を過剰に投与すれば、がんも元気になる可能性があるわけですから。さらにがん治療には中医の弁証も大変重要です。例えば、半枝連、白花蛇草のような抗がん作用が強い生薬でも、弁証や量を誤ってがん患者に投与すれば、病状が悪化するおそれがあります。

そのほかの代替療法との違い

体内の免疫細胞を元気にさせる同時に、癌になりやすい体質、癌細胞が増殖・転移しやすい体内環境を変えること。

がん患者の体質は、すでに正常細胞に不利、がんに有利になっていて、それを変えないかぎり、うまくいくとは考えにくいからです。たとえば、魚がきれいな水(免疫細胞が元気で生きる体内環境)がなければ、いくらいい餌を与えても、魚が元気に泳げないのと同じだからです。

当院の漢方治療(鍼灸を含む)のメカニズム

  1. 体内環境を整え、正常細胞(免疫細胞を含む)を有利に変え、元気になった免疫細胞などが癌細胞を攻めます。
  2. 漢方の抗癌成分より癌を直接攻めます。
  3. 漢方薬の正確な組み合わせにより生み出した強力の力で癌を攻めながら、癌細胞が増殖しやすい体内環境を変え、正常細胞に有利な体内環境を作ります。人参、冬虫夏草、霊芝などの漢方薬は、単一であれば、たいした抗癌作用が期待できません。しかし、その方に弁証、弁病より一番合う漢方薬の組み合わせで、強力な抗癌作用を発揮することができます。

漢方の治療により癌の縮小が認められた論文を世界医学雑誌cancerに掲載
(刘鲁明(Luming Liu)教授グループとアメリカ M.D.Anderson腫瘍センター共同発表)

論文中、15人のがん患者が2か月間の漢方治療を受け、肝臓がんの1名に20%以上の腫瘍縮小が認められた。

漢方の治療を受けた15人の中、6人の病状が安定しているのが確認された。

漢方薬(QYHJ)より膵臓がん細胞に関連する体内環境が変化し、悪化・転移などの関連因子が阻止されたと考えられた論文を世界医学雑誌PLOS ONEに掲載
(QYHJ:刘鲁明教授のグループが長年の臨床と研究を重ね、膵臓・肝臓がんに有効を示した漢方薬の清膵化積湯のこと)

QYHJ(漢方の清膵化積湯)を内服したマウスは、肝臓の転移が少ないことが示された

QYHJ(清膵化積湯)より、がん転移など関連つよいEMTの機構が阻止された

QYHJ(消膵化積湯)より、がん関連炎症因子IL-6、TAMの浸潤が抑制された

QYHJ(消膵化積湯)による癌関連炎症の抑制は、膵臓癌細胞浸潤および転移を阻害する(EMTの機構)ことができると考えられた。

漢方の正確な組み合わせにより癌になりやすい体質、癌細胞が増殖しやすい体内環境の一部を変えられたことが証明されました。実際の臨床現場で、その方の病状・体質にあわせ、処方すれば、より一層の効果が期待できます。

中国で多くの方が優れた中医(漢方+鍼灸)先生の元で元気になった姿を見て、初めて癌治療にも通用すると確信しました。中国で学んだことを、日本人の体質にあわせ、みんなさんの元気な姿を見られたらいいと思います。

中医がん治療の研修歴

2011年12月から中日友好病院中医腫瘍科などで研修をしました。中日友好病院中医腫瘍科は、中国の中医によるがん治療の最前線で、2011年に中国衛生部(日本の厚生労働省にあたる)より中医腫瘍治療の拠点専門科のひとつとして選ばれました(中国全土で5つの中医腫瘍科のみ選出された)。

師事した先生の一人は張代釗先生です。84歳とはとても思われない位お元気で、中国中医研究院の勤務経験もあり、がんに効く生薬を中心に研究されました。当時の逸話も診察の合間によく話してもらいました。60年間、腫瘍の中西結合治療(西洋+漢方)を研究し、肺がん、乳腺がん、脳腫瘍などに対し、豊富な臨床経験と臨床実績が認められました。

張代釗先生
中央保健医(中国中央幹部たちの医師団メンバー)
中国がん基金会中医薬腫瘍専門委員会 会長
500老中医の一人
北京中医薬大学教授
著書:「中西医結合(西洋と漢方)による癌治療」(英文版あり、イギリス、アメリカなどに出版)「张代钊癌治療の経験」、「化学療法副作用の漢方治療」

李佩文先生は中医がん治療の領域で誰でも知っている名医で、診察する時に、患者さんの細かいところまで聞きだし、時間をかけて脈診して、また特徴的な脈があれば、必ず私に脈診させて、注意点と弁証のコツを教えていただきました。李先生処方の特徴は補剤生薬と抗がん作用強い生薬のバンランスを大事に、邪気を攻めながら、正気も大事にしています。各生薬の組み合わせは絶妙で、もちろん効果も確実です。

李佩文先生
500老中医の一人
中国中医薬研究促進会腫瘍専門委員会 副会長
中華中医薬学会腫瘍専門委員会 副会長
著書「悪性腫瘍合併症の治療」
「統合医療の臨床腫瘍学」など

李佩文先生による肺癌に対しての生薬処方内容の1例

李佩文先生による肺癌に対しての生薬処方内容の1例


以上の老中医のほか、北京中医薬大学付属病院の陳明教授(著明老中医劉渡舟先生の弟子)、中日友好病院中医腫瘍科の賈立群教授(消化器腫瘍、前立腺腫瘍専門)黄金昶教授(腫瘍全般)、崔慧娟教授(肺がん専門)の外来でも助手として働き、生薬のさばきや、がんの弁証などを学びました。

黄金昶先生は、肺がん、乳がん、肝、胆、膵臓がん、肉腫などを得意とし、治療成績がいいため(有効症例に参考してください)、中国各地の患者のほかに、東南アジア、韓国、台湾、欧米などの患者さんも訪ねて来られます。

黄金昶先生
北京中医薬大学教授

私の病棟指導医、程士德先生による
中医・化学療法併用の入院がん患者に対する弁証風景

复旦大学付属腫瘍病院

复旦大学付属腫瘍病院の中西医結合科(西洋治療+漢方治療)、1956年より開設、58年の発展を経て、国家臨床重点専門科(中西医結合腫瘍科)として中国の衛生部(日本の厚生労働省に相当)より認定された。上海市の肝臓癌、膵臓癌の重点専門科でもある。

膵臓癌の研究・治療実績は国際的にも認められ、国際雑誌 Gasttoenterology、Molecular、Cancer、Oncogeneなどに多くの論文を発表された。現在、アメリカ MD Anderson腫瘍センターと共同研究も進められている。

刘鲁明 教授
复旦大学附属肿瘤病院中西医結合科 教授
上海名中医
WCI国際中医腫瘍センター 教授
复旦大学附属腫瘍病院 肝・胆・膵臓癌総合治療チーム 首席専門家
アメリカ テキサス大学Anderson腫瘍センター 客員教授
2003年、2005年アメリカ国立衛生研究所(NIH)と中国共同研究(International Center of TCM for Cancer) 中国側の責任者
著書:「肝臓癌の総合治療」、「腫瘍臨床診断と鑑別診断」等。

  • 刘鲁明教授と回診後の記念写真

  • 刘教授外来の診察(脈診する)風景

  • ​手術適応なく、抗がん剤無効の膵臓癌に漢方のみ治療より改善した症例
    (外来研修時見た症例)

  • 膵臓癌術後、弁証よりQYHJ(清膵化積湯)加減して治療の一例

上海中医薬大学付属龍華病院

上海中医薬大学付属龍華病院は、1960年に創立され、中国中医臨床研究基地の一つである。特に中医による腫瘍の治療において、龍華病院の強みである。


  • 刘嘉湘名老中医と弟子李和根教授
    (腫瘍病棟の宣伝覧)
刘嘉湘 教授
上海名中医
中国中西医結合学会腫瘍委員会 副会長
中国老中医薬専門家継承指導医
臨床経験は60年以上、胃がん、肝がん、大腸がん、乳腺がんなどの治療効果が高く、特に肺がんの治療を得意とする。
著書「実用中医腫瘍学」「現代中医腫瘍の臨床と研究」など

  • 李和根教授と回診後の記念写真

  • 李和根教授の外来診察(脈診)風景

  • 外来肺がん患者に漢方治療の一例
    (李和根教授自筆)
田建辉 教授
刘嘉湘名中医の弟子
龍華病院第三腫瘍内科 教授
肺がん、婦人科系腫瘍、食道がんなどを得意とする。
患者さんからの評価が高く、中国各地から患者さんがやってきて、遅くまで約100人程度/日を診ている。

  • 外来診察後、田建辉教授と記念写真

上海中医薬大学付属龍華病院は、入院患者さんに対し,西洋の抗がん剤などの治療と漢方の内服のほか、免疫力アップと副作用軽減の目的で、鍼灸・耳ツボなどの治療も取り入れています。(病状より異なるツボを使うため、むやみにまねしないてください)

当院がん治療の実績 開業から2016年2月までの統計結果

早期癌を含め、Ⅱ期まで手術を受けた方には、当院漢方・鍼灸のみ治療で再発なし

当院の有効症例

抗がん剤副作用軽減有効症例

術後再発なし有効症例

ページトップに戻る