漢方婦人科 - 阪急西宮北口駅2分 李漢方内科・外科クリニック

李漢方内科・外科クリニック アクセス

ホーム > 漢方婦人科

漢方婦人科

婦人科の病気に漢方治療は優れた効果があります。日本の婦人科の先生たちも好んで漢方薬を処方しています。県立尼崎病院東洋医学科に勤務した時も、月経不順を始め、多くの婦人科の病気を改善させました。

当院が力を入れる婦人科病気と症状

  • 生理不順
  • 月経前後諸症(生理前のイライラ
  • 乳房痛
  • 生理中の浮腫
  • 生理痛
  • 頭痛
  • めまい
  • 下痢
  • 腰痛
  • 口内炎)
  • 無月経
  • PMS
  • 不正性器出血
  • 子宮筋腫
  • 卵巣嚢腫
  • 子宮内膜症
  • 更年期障害
  • 更年期うつ
  • 陰部搔痒感
  • 妊娠中のかぜや膀胱炎 胎児成長不良など
  • 産後うつ
  • 産後母乳がでない
  • 産後腹痛や関節痛
  • 産後便秘など

女子不妊症

女子不妊症の原因は、排卵障害、黄体機能不全、卵管に通過障害、子宮内膜症、着床しにくい、免疫性(抗精子抗体)、原因不明などに分類される。特に卵巣の老化、子宮内膜症による不妊症が大半を占める。

西洋医学の不妊治療の限界

高度生殖医療は革新的に進歩していますが「加齢に伴う卵巣機能の低下」「着床障害」「習慣性流産」という難題に突き当たっています。卵子の質は、加齢とともに低下し、30歳を過ぎると下がる一方で、高度生殖医療をもってしてもカバ―出来ないのです。35歳で不妊治療した人のうち、子供が生まれた割合は16%。40歳に至っては8%です。45歳を超える女性の場合は、体外授精を利用しても妊娠できる可能性は0.5%ほどになっています。

西洋医学との併用

漢方と西洋医学の併用で子宮内膜の状態、卵子の質を上げることができます。 中国10数年前より、不妊症の治療で人工授精・体外受精も盛んに行ってきました。単なる西洋のみの治療より、漢方および鍼灸の併用のほうが、妊娠率は上がることがわかってきました。例えば、北京大学病院生殖中心の最近の研究で、体外受精を受ける368組不妊症の方を2組に分かれ、184組の方が西洋のみの治療を184組の方が漢方と西洋治療の併用を受けました。

結果的に、
子宮内膜の厚さ
漢方併用組の平均(10.85±1.63㎜)>西洋のみ組(10.50±1.49㎜)
良質胚率/冷凍保存胚率
漢方併用組の平均(48.9%/39.7%)>西洋のみ組(45.4%/35.8%)
でした。
一人一人の体質に合わせて、一番合う漢方薬を処方すれば、さらなる効果が期待できます。

写真1
 

写真2

不妊症の原因は冷えだけではない

西洋医学では不妊症の原因を細かく、たくさん分けていますが、中医学も弁証によって、分類されています。冷えはその中の一つですがすべてではありません。体を温めることはいいですが、すぎると逆効果の場合もあります。自分で判断せずに専門の漢方医に診てもらった方が賢明です。

当院中医治療と一般日本漢方治療の違い

不妊治療に日本漢方ではよく“当帰芍薬散”“八味丸”“温経湯”を処方しています。「当帰芍薬散が効かなければ、温経湯を処方します」と、このような考え方を私はしません。当院中医の不妊治療は、中医弁証と弁病より一人一人の体質に合わせて、一番合う漢方薬を処方します。なぜなら、不妊症といっても原因はいろいろですし、一人一人の体質も違いますから。 例えば子宮内膜症という一つの診断に対して、「気滞」によるもの、「瘀血」によるもの「湿熱」によるものなどがあります。原因が違うので、処方する生薬も違ってくるし、症状の重度化により生薬の量も変えていかないといけません。正しく弁証論治しないと期待できる効果を得られません。

当院の不妊症の中医学治療

基本的に中医学の弁証論治弁病論治を合わせて処方しますが、ホルモン製剤を内服中の方であれば、西洋医学の治療歴、検査結果を参考にし婦人科と連携して治療いたします。

弁証による不妊症の分類

1、腎陰虚:

月経周期が不安定、月経の量が少ないか止まりにくい、腰がだるい、痩せ型、手足のほてり、口が渇く、時に眩暈 耳鳴あり、舌が紅く舌苔が少ない、脈が沈、細、無力か細数などの特徴がある。

治療:
滋養腎陰 促妊種子
方剤:
養精種玉湯+菟絲子 枸杞子 女貞子 など

2、腎陽虚:

月経後期が多い、月経血は量が少ない、ひどい場合は閉経、腰がだるい、手足が冷える、時に眩暈耳鳴あり、夜間頻尿、顔色が黒ぽっく 舌色が淡く、舌苔薄い、脈は沈細無力などの特徴がある。

治療:
補腎促妊
方剤:
毓麟珠加减
人参 白术 茯苓 甘草 当帰 白芍 川芎 熟地黄  菟絲子 杜仲 鹿茸 など

3、肝鬱:

月経不定期、月経前乳房が張る、脇部の痛みがある、精神抑欝または怒りっぽい、舌色が淡くあるいは紅い、脈は弦などの特徴がある。

治療:
解憂揉肝 養血調経
方剤:
逍遥散加減 柴胡 当归 白芍 白术 茯苓 甘草  干姜 香附 など

4、痰湿:

肥満が多い、月経量が少なく周期が長いか閉経、眩暈、倦怠感、胸が詰まるような感じがある、舌苔が白く厚い、舌体が肥大、脈は滑などの特徴がある。

治療:
燥湿化痰 理気調経
方剤:
蒼附導痰丸加減 茯苓 半夏 陈皮 蒼术 香附  生姜 など

5、気滞血虚:

月経前イライラ、乳房が張る感じ、生理痛がひどい、時に下腹部の刺痛があり、血量少なく色は濃い、血の塊あり、舌色暗紫、瘀点、瘀斑、脈は細渋か弦などの特徴がある。

治療:
理気活血 解瘀調経
方剤:
当帰 熟地黄 桃仁 红花 白芍 川芎 柴胡  牛膝 桔梗 など

※臨床上では以上の症が重なる場合が多く、それぞれの体質、中医弁証により調剤します。

弁病(診断名)による不妊症の分類

1、卵巣機能低下:

腎虚が多く、補腎中心に治療する。

方剤構成:
当帰 芍薬 熟地黄 山茱萸 女貞子 鼈甲 など

2、子宮内膜症:

気虚瘀血、腎虚瘀血が主な原因である。

方剤構成:
助陽消癥湯加減  紫石英 丹参 当帰 芍薬 川断 杜仲 木香  元胡 丹皮 肉桂 など

3、多卵巣症候群:

肥満の方が多く、体が冷える。中医弁証では腎虚と痰湿が中心である。

方剤構成:
蒼附導痰丸加減  鹿角片 菟絲子 枸杞子 半夏 蒼术 香附 生姜 など

4、輸卵管の通過障害:

・名老中医許潤三教授の通管方を使います。中日友好病院など臨床研究で 3ヵ月間で6割、6ヵ月で8割の患者で効果を認めたという結果でした。
・両方に完全通過障害の場合は、効果が落ちます。

方剤構成:
柴胡 枳実 赤芍 甘草 丹参 黄芪 路路通 土鳖虫 三七 など

5、習慣性流産:

腎虚と血瘀の場合が多い。補腎固胎が基本の治療方針。

方剤構成:
泰山盤石湯加減 人参 当帰 川断 杜仲 菟絲子 川芎 白术 砂仁 など

6、黄体機能不全:

陽虚宮寒が多い。養血補腎 助陽調肝

方剤構成:
毓麟珠加减  人参 白术 茯苓 甘草 当归 白芍 川芎 熟地 菟絲子  杜仲 鹿茸 など

7、子宮発育不良:

先天不足、腎虚が主な原因の場合が多い。

治療法:
補腎益気 養血調経
方剤構成:
菟絲子 枸杞子 当帰 何首烏 黄精 人参 甘草 など

8、抗精子抗体陽性:

陰虚の場合が多いが陽虚の場合もあります。

治療法:
基本的に滋陰降火 清熱利湿
方剤構成:
丹参 芍薬 丹皮 鼈甲 山薬 生地 山茱萸 柴胡 など

※同じ病名でも、中医学的に証の違いが多く、中医弁証により方剤の構成を調整する場合が多いです。

男性不妊症、精力低下

1)インポテンツ:

腎虚、肝鬱が主な原因である。

治療法:
滋腎補陽 調肝解鬱
方剤構成:
鹿角片 枸杞子 菟絲子 山薬 何首烏 生地 山茱萸 柴胡 など

2)精子が少ないか活力が低い:

腎陰虚、腎陽虚の場合が多い。

方剤構成:
(腎陰虚の場合)補腎生精湯加減 菟絲子 女貞子 山茱萸 仙灵脾 天門冬 など

3)精液に炎症細胞、畸形精子が多い:

腎虚と湿熱が主な原因である。

方剤構成:
(湿熱の場合)連翹 芍薬 丹皮 十薬 白花蛇草 など
 
(腎虚の場合)黄耆 菟絲子 白术 生地 仙灵脾 何首烏 など

※中医弁証により生薬の構成が変わる場合があります。

中医婦人科の研修歴

北京同仁堂の専属専門家梁貽俊先生、中日友好病院中医婦人科の許潤三先生、趙紅先生、辛茜庭先生などに師事し、婦人科病気の中医治療、特に不妊症の治療について学びました。


  • 許潤三先生
    500老中医の一人
    北京中医薬大学教授

  • 梁貽俊先生
    500老中医の一人
    北京同仁堂専属専門家
    アメリカ中医薬研究院学术顧問
    北京中医薬大学教授

  • 趙紅教授
    許潤三先生の弟子
    中日友好病院中医婦人科主任
    中国中医薬研究促進会生殖医学分会 副会長

  • 中医婦人科の名医郭志强先生の弟子
    李仁傑主任医師

  • 入院不妊症患者に脈診をしている風景
    (写真の掲載に患者の同意あり)

不妊症有効症例

ページトップに戻る